赤ちゃん待ちのことや日々のあれこれを「気ままな時間」に綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7w5d  卒業しました
2010年12月30日 (木) | 編集 |
2010年12月27日無事不妊外来を卒業しました。


お豆ちゃんに人発見
エコーでは、金魚のエラのようにピクピク動いている心臓を目で確認することが出来ました。
2等身だけど頭と胴体があり、胴体には背骨もちゃんとあってすごい人間らしくなっていました。
頭からお尻まで15.5mm。
お腹のなかでは頭から足の先までは測れないので、これからも頭からお尻までの長さを測っていくそうです。(頭殿長)
ピクピクした心臓、夫にも見てもらいたかったな。

つわり注意報
毎回発令されるつわり注意報
まだ兆候がないのでもう大丈夫かと聞いてみましたが、この時期なければ可能性は低いけどこれから出る人もいると、まだ注意報は解除されませんでした。
最後の診察を終えた翌日。
寝起きがすっきりせず、何となく気持ち悪い。
いくら寝ても朝起きるのがだるい感じです。
緊張がとけて、いよいよつわりがやってきたかもしれません。

妊娠初期について
妊娠初期は赤ちゃんの体の器官ができてくる大事な時期。
感染症にかかってしまうとおなかの赤ちゃんに影響がでてしまう場合があるそうです。
感染症には充分注意が必要で、人ごみを避けること、マスクすること、手洗いうがいをきっちりすること、意識して心がけて感染症にかからないようにすることが大切なのだそうです。
今までマスクはしていたけどあちこち歩きまわっていたし、お正月のバーゲンも行く気満々だったのですが、おたくひきこもり生活を満喫することにします。
ネットでお買いものしまくっちゃうか

あと、前から言われていましたが、妊娠初期は「葉酸」を摂取することも大事だそうです。
葉酸は妊娠前から摂取するといいといわれているそうなので、これから妊娠予定の方も摂取してくださいね
私は、サプリを併用してブロッコリー、アスパラガス、いちごを意識して摂るようにしています。
今月はいまだかつてないほど「あまおう」を贅沢に食べまくっています

*葉酸(おなかの赤ちゃんの細胞分裂を促進する栄養素)
妊娠前から妊娠12週までの間に葉酸を十分に摂取すると、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスク低減するといわれています。(『妊娠・出産新百科』ベネッセ・ムックより抜粋)


卒業証書
卒業証書は、会社に提出する妊娠を証明する「診断書」と、産科への「紹介状」の2通。
私の会社では「妊婦遅早退制度」という制度があり、1時間勤務時間を短くすることが出来ます。
始業時間は9時ですが、ラッシュ時間を避けて10時に重役出勤することにしました
残業も極力なく、出張も免除になり、家でじっくりできる時間が増えそうです。

余談ですが、診断書と紹介状の封筒の宛名の文字、ヘタっぴな字
先生、あんな高度な手術をこなすのに、こんな愛すべきへたっぴ文字なんだって微笑ましく思いました
子どもの頃、すごい勉強はできるのに字がへたっぴな男子っていたけど、そのギャップがいいんですよね。
(すごい失礼極まりない患者でゴメンナサイ。)

凍結卵ちゃんについて
凍結胚については、ご主人とよく話し合ってくださいと言われましたが、私はいつか戻したいと思っています。

「手術前に凍結して勇気をくれた大切な卵なんです。きっと待っていると思うので、また迎えに来ます。」
「ずっと待っていたらかわいそうですね。」

先生も卵ちゃんへの思い入れをわかってくださいました。
お腹の子が無事誕生して落ち着いたら凍結卵ちゃんお迎えに行きたいです。

本当に最後の最後の診察
「もうここには来なくていいけど、何か異常があったら、お正月でも24時間体制で当直の先生もいますので、夜中でも病院にお電話してください。」
と言われました。
電話することなんてなければよいけど心強いです。

出産の報告については
「落ち着いてからお電話でよいので、ご出産のご報告をお待ちしています。」
とのことです。

よい報告ができることを目標に、まずはひきこもり生活から頑張ってみます。

今までのお礼をして診察室を出ようとしたら、
先生が椅子からすくっと立ち上がられ、
「おめでとうございます。」
とお辞儀をされて、看護師さんもにっこり笑顔で見送ってくださいました。

「必ず妊娠できるはずですから諦めたらもったいないです。」
と手術を勧めてくださった先生の言葉を信じて思い切って手術して本当に良かったです。
出口の見えないトンネルにもたとえられる「不妊」。
不妊を経験しなければ辿り着かなかった場所ですが、
私にとってよい病院と、よい先生に巡り合えたことに感謝しています。

病院を出ると、今年の初めの診察で結果陰性と子宮筋腫の手術宣告を受けたWパンチの日と同じく、冬の冷たい空気が頬にあたり、季節が一巡してこの一年色々なことがあったけど実りある一年だったと振り返りました。

***************************************

まだ信じらない気持ちですが、1年半通った不妊外来を無事卒業することができました。
不妊治療の記録と思って始めたブログ。
孤独な不妊治療をするなかでは、このブログを通じて出会った皆さまの力はとても大きかったです。
励まし、応援、元気をいっぱいもらいました。
本当にどうもありがとうございました。

そして、今頑張っている赤ちゃん待ちの仲間の方々の願いが叶うことを切に願っています。
お空でかわいい赤ちゃん必ず待っていますから

卒業を期にこのブログもお開きにしたいと思います。
今まで応援どうもありがとうございました。



おまけ
ひきこもり生活&時短勤務になってヒマになるので、また新しいブログも書いてみようかなと思っています。
1月に入ってからになりますが、よかったら覗いてくださいね。

↓メッセージ用に作ってあったもので、まだ何も書いていません(^_^;)
http://ameblo.jp/hamako123/




スポンサーサイト

天使が微笑んだ日
2010年12月19日 (日) | 編集 |
陽性反応後、病院の記録だけだったのでそれ以外の体調の変化や、私の趣味の世界に入りつつある体作りのことについて記しておきたいと思います。
今日は相当ヒマなので、とんでもなく長文になってしまいました。

11月の出来事について
11月は仕事の山場があり忙しくて体調もイマイチだったので、もしかしたら12月の移植は見送ったほうがいいのかなと思っていました。1月も慌ただしいし春になっちゃうかなとも。
そんなこと思っていたから、準備して待っていた子が
「こりゃ、いつまでたっても世に出れないぞ。えいっ、もう行ってしまえ。」
と飛び乗ってきたのかな。

移植見送りかと思う一方、待ちにまった移植に向かって気持ちは高まっていたし、大丈夫かなと不安もありました。
普段布団に入るとバタンキューなのですが、この頃は寝る前に妄想タイムですぐには目が閉じられませんでした。
ベッドサイドにこの本を置いて眺めながら眠りについていました。
呼吸を整えて、お腹にやってきてくれる子に「待っているよ。」とサインを送りました。
(文字にするとバカみたいですが、そんなイメージで心を落ち着かせていました。)

「ママのおなかをえらんできたよ。」池川明:著
ママのおなかをえらんできたよ。


11月25日。
その日は月に1回通っているお菓子教室のレッスンの日でした。
クリスマス前のレッスンで、「お菓子」と「クリスマスツリーの飾り」を作りました。
壁掛け用のツリーで、天使のパーツが用意されました。
「お好きなところに天使を配置してくださいね。」
と、先生からのアドバイスを受けて、
「家にかわいい天使ちゃんやって来たらいいな。」
と思いながら、心をこめてツリーに配置しました。
センスには自信がないので完成まで四苦八苦しましたが、出来上がったツリーは自分ではとても気に入りました。
その日の夜、少量の出血があって
「あ、いよいよリセットだな
と、わくわくしたものですが、日数からもあれは着床出血だったのだろうと思います。
天使ちゃんを呼びこんだときに、お腹にくっついてくれたのかなと思うと不思議な出来事です。

クリスマスツリー



趣味の体作り
妊娠しても続ける予定なのが、「鍼」と「整体」。
陽性反応後やめたのが、「漢方」と「岩盤浴」です。

①鍼
お休み期間はしばらくサボっていましたが、11月に入ってから本腰入れて再開しました。
鍼の効果はなかなかわかりにくいものですが、体全体を診ていただくことで今の状態をよく知ることが出来るし、不妊がメインの鍼灸院ということもあり、先生が不妊治療や女性の体について熟知されているので、不安に思っていることや疑問に思っていることについて的確なアドバイスを受けることが出来ました。何より精神面のケアが最大の利点だと思います。
安定期までは通うと良いそうなので、引き続き通っています。

妊娠したら鍼に通う人はいないと思っていたのですが、私のように通っている人もいるとは知りませんでした。今までお隣りから漏れ聞こえるのは、赤ちゃん待ちの人の声ばかりだったので。
陽性反応後3回ほど行っていますが、ベッドの場所が隔離部屋(?)だったり、お隣りさんが日本後まったく話さない英語ペラペーラの外国人の患者さんだったり。配置を考慮されているのですね。
思わぬ結果のあとの施術中に
「目玉おやじがいました。ふふふ。」
なんて声がお隣りから漏れ聞こえたら、ショック倍増です。
こういう細やかな配慮に、いっそう鍼灸院が好きになりました

②整体
ブロ友さんに教えていただいた整体。
春から通い始めて、月1回の整体タイムが極上のリラックスタイムになりました。
背筋が伸びるようになって効果を実感しています。
「あれだけ固まったいたら妊娠する余地なかったです。もうだいぶほぐれてきたので妊娠しますよ。」
と言っていただいたことが現実になりました。
お腹まわりは強く刺激せずに、コリをほぐしていただけるそうなので引き続き通おうと思います。
妊娠できる体を作っていただけるばかりでなく、長年の憂いごとだったコリと姿勢が矯正されて、この出会いに感謝しています。

③漢方
夏から飲み始めて4ヶ月。
お腹が弱いという最大の弱点を克服するために始めました。
その元は血流がわるいということでした。
飲み始めて2週間で効果を実感。
継続して「当帰健中湯」という漢方薬を飲んでいました。
妊娠発覚後漢方クリニックに行って、ご報告しました。
「当帰」が流産の危険性があるため、妊娠したら飲んではいけないそうです。
漢方でも飲んでよいとされる薬はとても少なく、安定期に入ったら若干飲める薬があるそうです。
寂しいけどしばらく漢方とはさよならとなりました。
今後も漢方とは末永く付き合っていきたいです。

④岩盤浴
岩盤浴は冷え症対策として通っていました。
流れ出る汗に快感を覚えては、「うしし」と一人笑いしていた怪しい私。
岩盤浴のあと、体はぽかぽか、お肌つるつるになるのです
突然お腹がサウナ状態になったら、目玉おやじもびっくりしちゃうだろから、今は通っていません。
無事出産したら、趣味でたまに通いたいな~。

体調の変化
着床出血と思しき出血があってから胸が張りました。
生理前にもよくあることなので、あまり気にもなりませんでした。
今も若干胸が張っていて、人生初の巨乳になれるかもとわくわくしています。

つわりの兆候は今のところなし。
少し胸やけする日もあるけど、元々胃腸が弱いのでそんなに気になりません。
診察のたびに
「では、来週くらいにつわりかも。」
と、先生に脅されています(笑)。
私の母は重度のツワリスト。入院までしたそうです。姉はまったくつわりなし。
姉と同じがいいな~。

眠くなるとか、疲れやすくなるとかそういったこともなく、普段どおりの生活を送っています。
今後どんな体調の変化あるのか未知の世界ですが、無理をしないように疲れたらよく休むように心がけていきたいです。



私の妊娠プロジェクトは多くの方の応援がありました。
お世話になった鍼や整体や漢方の先生にご報告をして、どの先生も、一緒になって心から喜んでくださいました。
そして、不妊治療の記録と思って始めたこのブログ。
ブログを通じて知り合うことができた仲間の皆さまの力はとても大きいです。
励ましていただいこと、勇気ももらったこと、前に進む原動力になりました。
本当にありがとうございました。


「試練の数だけ豊かになれる。」

ある米農家の方が不作を乗り越えてブランド米として成長するまでを追ったドキュメント番組で話されていた言葉です。とても心に響きました。

治療期間などからすると私の場合試練というには及ばないかもしれしれませんが、不妊の経験は、それまで想像すらしなかった数々のことが待ちうけていました。
試練のおかげで出会えた人、出会えたもの、経験。
こうした出会いや経験を経てやってきたきてくれた我が家の天使ちゃんを迎えることが出来てとても幸せです。
今、わが子を待ち望んでいる仲間の方にすぐそこにかわいい子が微笑んで待っていることを願っています

とっても長いうえにとりとめのない記事になってしまいました
私の独り言にお付き合いいただいてありがとうございました

6w1d 心拍確認と目玉おやじ
2010年12月17日 (金) | 編集 |
胎嚢確認から1週間後、12月17日に病院へ行ってきました

年末にさしかかっているせいか、いつもよりがらーんとした待合室。
今日は採血はありませんでした。
今まで、私のホルモン値も夫の所見も一度も褒められたことはなかったので、
HCGが測定するたびに上がっていて
「値はGOOD!」
と言われるのが単純に嬉しかったけど、もうHCGの検査はないみたいです。

「今日の目標は心拍は聞こえることでした。まだ微弱ですがちゃんと聞こえてきましたよ。」
鼓動を始めたお豆ちゃん。
この鼓動はこの子の一生の間は途切れることないのですね。

今日もエコー写真を1枚いただきました。
胎嚢は、19.5㎜。
先週より2倍になってる!
その胎嚢のなかに、目玉おやじみたいのがいました。
今日から、名前は「目玉おやじ」だ

通院はあと1回で、年明けからは産科デビューの予定となりました。
同じ病院内ですが紹介状を出していただくそうで、次回までに主治医の先生を決めておくように言われました。
わからなかったら病院のHPで先生の雰囲気とか見ておいてと言われ、思わず
「顔で決めていいんですか?」と、どうしようもない返答してしまいました。
顔で選ぶというのは冗談で(笑)、ブロ友さんからおすすめの先生を教えていただいたので、その先生にお願いする予定です。

こういう日を待ち望んでいたはずなのに、いざ始動となると淡々と日々は過ぎていくものです。
早く不妊外来を卒業したいと思っていたけど、いざもう来なくてもいいとなると何だか寂しい気もします。
子を授かるということがどんなに奇跡的で素晴らしいことなのか身をもって体験したからこそ、尊い命を大切に慈しんでいこうと思います。

近所の婦人科を初めて訪れたのが2年半前の夏。
まあ妊娠しにくいけど、ちょっと通院すればマタニティーライフだわと気楽に思っていました。
体外受精や、子宮筋腫の手術を受けることなんてまったく想像していませんでした。
体外受精と人工授精の違いすらよくわかっていなかった無知で幸せだった私。
不妊の経験をして、手術の経験をして、体も心も痛いこともあったけど、そういう経験のどれもが今はとても大切に思えます。
のほほんとした無知の私より、辛苦を経験した今の私のほうが好きです
な~んて自己愛に浸っている場合じゃないですが、今辛い思いをされている赤ちゃん待ちの方がいらっしゃったらお一人でも、こんな人もいるんだって励みになっていただけたら嬉しいです。


番外編

先日、「お豆ちゃん(胎嚢)居心地良くよくしているかな。」と思いながら寝たせいか、夢にお豆ちゃん登場しました。
マンガチックな緑のお豆ちゃんに手足が生えていて、子宮と思しきピンクの室内で飛び跳ねているんです。
「わ~い!わ~い!居心地いいぞ。前はヘンなコブがあってどうも居心地わるかったんだよなあ。」
と言ってジャンプしているんです。
ぴょこん、ぴょこん。
そのピンクのお部屋の外で大人たちが眺めていて
「楽しそうにやってる、やってる。良かった、良かった。」
と言っているんです。
今度は、目玉おやじが楽しく飛び跳ねている夢をみたいです

5w2d 胎嚢確認
2010年12月12日 (日) | 編集 |
前回は、びっくり報告に温かいメッセージありがとうございました
いつも励まして力をいただいている皆さんからメッセージをいただいて、じわじわと実感してきました。
今回も皆さんからいっぱい元気をもらいました。


驚きの陽性反応から1週間。
12月10日(金)に病院へ行ってきました

胎嚢ちゃん。
無事子宮にいてくれたら、ひとつのハードルクリア。

ちゃんといてくれるのかな?

この1週間はあまり不安に思う余裕もなかったのですが、さすがに待合室1時間以上も待っているとあれこれ想像豊かになってしまいます。
待合室にて通院仲間で親しくしていただいている方にお会いしたので、ちょっとおしゃべり。
その方は、凍結卵ちゃんの結果発表の日。
共ににどきどきの診察前でした。
でもお話していたら、緊張がほぐれてきました。
Mさんありがとうございました

待合室には、今日これから入院するという方が緊張して面持ちで待っていらっしゃいました。
自分の半年前の入院直前の緊張の日を思い出してしまいました。
ここにいる人は皆、原因や治療内容は違えども願いは一緒。
みんなの願いが叶いますように

それにしても今日は待ち時間が長かったな~。

緊張して診察室に入ると。
「エコー写真さしあげましょう。」
先生が、カルテに貼ってあったエコー写真集からビリっと1枚剝がしてくださいました。

おお、お豆ちゃん発見

お豆ちゃん(胎嚢)は、9.9㎜で大きさとしては、標準だそうです。

HCGは5,800。
前回よりぐーんと伸びていて、GOOD

と、今のところは順調なようです。
数々の難関をくぐり抜けてきた、野生味あふれる子。
元気に育つんだよ。

出産予定日
出産予定日は、8月10日。
でも、帝王切開なので、予定日より2週間早い7月下旬頃の出産になるようです。
帝王切開の場合、ある程度の幅のなかで出産日を選ぶことが出来るそうです。
記念日とか、大安とか、占いとか・・・。

夫に話したらいつ生まれるかわからなかったら、仕事を抜けられない可能性があるけど、出産日がわかっていたら仕事の計画たてやすいから良かったと言っていました。
開腹手術はこわいけど、2週間早くわが子にも会えるし、帝王切開もいいことあるものですね。

産院について
「産院決めましたか?」

前回、決めておいてくださいと言われていました。私の場合、子宮筋腫の手術をしているので帝王切開できる病院となります。

「はいっ。こちらの病院でセレブ出産したいと思います。(ニッコリ)」

私が通っている病院は不妊治療でも有名ですが、セレブ産院としても有名な病院です。
不安いっぱいの子宮筋腫の手術を安心して受けることができたので、無事妊娠したらこの病院でと思っていたのです。

「いいですよ。でもうちの病院高いですよ。本当に高いです。高いと思わなかったらおかしいくらいです。」

って、先生「高い」を連呼(^_^;)
看護師さんも笑っていました。

う~ん、この子どうみてもセレブじゃないのにに大丈夫かな?
って思われたのでしょうね。

そして、「母子手帳」をもらってくるようにと言われました。
「え?どこでもらえるんですか?」
ってマヌケな質問してしまいました。
近くの駅の駅前出張所でもらえることがわかりましたが、心拍確認してからにしようと思います。

つわりについて
先週の診察のとき、もしかしたら来週あたりつわりが出るかもと言われましたが、今のところ兆候なし。
今度は、来週の水曜日につわりがくるかもと言われました。
水曜日ってずいぶん具体的。Xデーですね。
鍼の先生に言ったら、
「それは6週目にちょうど入るのが水曜日ということなのでしょう。」
とのことで、な~るほど。
忙しい人、冷え症の人はつわりが出やすいとも言われているそうなので、どきっ。
週明けから仕事はテキトーに切り上げなるべく早めに帰宅しようと思いました。

気をつけること
・薬を飲めないから、外出時と病院に行くときにはマスク着用すること。
・睡眠をしっかりとること。
・歩き過ぎないこと。


私は、小心者で心配症でもあります。
待望の妊娠がやってきて、すごい不安に思ったり、慎重になったりするのが想像できます。
あまりに突然で、心の準備も、仕事の予定やその他の予定の調整もないままに、この日を迎えたことで、ビビっている隙がないというのが今の私です。
そして、不妊治療についてはマニアックに本やネットで情報収集していましたが、それは陽性になるまでのことであって、陽性が出てからのことは、全然知らないことに気づきました。
胎嚢確認のあと、心拍確認、そして安定期を迎えるまで、様々なハードルが待ち受けていて、そこには怜悧な数字によってはじき出された流産する確率何%とかあるのでしょうが、このままあまり情報を収集しないでおこうと思います。
本当に気をつけるべき点は病院の先生から言われるだろうからそのことだけをしっかり守って、あとはのほほんと過ごしていきたいなと思っています。

何だか、すご~い長い記事になってしまいました。
お付き合いいただきありがとうございました。
びっくり!驚き!!のご報告
2010年12月05日 (日) | 編集 |
皆さんにご報告です。



びっくり!ですが、なんと私、
昨日、病院に行って妊娠していることが判明しました。

え?いったい??

実は、術後6ヶ月の避妊と言われていましたが、先生が
「まあ、そうですね、5ヶ月でもいいですよ。」
とおっしゃっていたのを思い出し、ダメモトで11月は自然妊娠を目指し、
12月から待ちにまった移植をしようと思っていました。

自然妊娠を目指すといっても、
基礎体温も測っていなくてまったく期待せず。


サイクルは規則正しいのに来るべきはずの生理が来なくて、
困ったなと思っていて、まさかと思って検査薬で調べたら陽性でした。

あんなに色々してもかすりもしなかったのに、こんな風に突然。


まだ、陽性が出たばかりなのでまだまだわからない状態ですが、まずはご報告します。

*病院での妊娠確定は、次の記事に記しました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。